株に興味が無くても何となくどんなものかというのは想像が付きます。しかし曖昧なまま投資を始めることは非常に危ないので、投資の為の知識を身につけましょう。

理論株価と購入のタイミング

打ち合わせしている男女たち

皆さんは、理論株価という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
理論株価について説明すれば、企業のこれからの収益性を加味した株価のことです。
一方、実勢株価は、投資家の売買によって決まる株価を言います。
実勢株価は、企業のこれからの収益性が反映されていないことが多いので、実勢株価と理論株価が異なることが多いです。
この2つの価格には、乖離が生じることが多いです。

ただ、ストラデジストやアナリストなどの過去の予想を見ると高い分析力でありながら、ほとんど当たっていないです。
購入のタイミングは、非常に難しく、ファンダメンタル要素に敏感に影響するため、購入する銘柄に関する情報をしっかりと押さえておかなくてはいけません。
本来投資は、デイトレードのように短期で行うものではなく、長期で行うことでインカムを得ることがもっともよい方法とされます。
短期投資は、利ザヤ目的で投資に臨み、長期投資は利ザヤではなく、配当や優待などの還元策を得る目的です。
長期でインカムを得る場合、購入のタイミングはあまり関係なく、配当収入が購入時の含み損を補うことがあります。

短期投資の場合、購入単価が売却単価を下回っていなければ利益が出ないため、購入のタイミングが非常に難しいです。
過去のチャートから価格の動きを読んだり、直近業績から価格推移を読み取ったりと経験が必要となります。
初心者が資産運用を考える場合、予算を決め、長期的なインカムを得る方法がよく、ただ、なるべく安い価格で購入することが望ましいため、直近2年間の価格推移を見て、最良のタイミングで購入することが良いでしょう。
購入前にバーチャル取引をして練習するとパターンが読めるでしょう。

関連記事